ネック・ボディマテリアル

MATERIAL

ネック・ボディマテリアル

優れた楽器を作るには上質な木材を使うことが絶対条件です。
美しい木肌や質感だけでなく、道具としての強度を備え、望み通りの鳴りを持つ楽器は、
長いシーズニング期間を経て、割れ、狂いのない選ばれたものである必要があります。
その選び抜かれた素材のみを元に楽器を製作できることが、カスタムオーダーの魅力の一つでもあります。

アルダー

アルダー Alder

クセの少ない枯れたトーンが特徴。 PU、パーツの特性を反映しやすく安定している加工性も良い。

スワンプアッシュ

スワンプアッシュ Swamp Ash

ホワイトアッシュの亜種だが、重量は軽く音抜けが良い。また、シングルPUとの相性が抜群に良い。

ホワイトアッシュ

ホワイトアッシュ White Ash

やや重いが音域のバランス、サスティーンともに良好。ベースのボディ材として特に優れている。

ホワイトアッシュ
コリーナ

コリーナ Korina

木質、音質共にマホガニーに近いが、マホガニーと比べてややトレブリーで、独特の粘りに特徴がある。

コリーナ
ホンジュラスマホガニー

ホンジュラスマホガニー Honduras Mahogany

古くからボディ材、ネック材として使用。中低域を中心とした豊かなトーンで、他の材とのラミネートも相性が良い。

ホンジュラスマホガニー
マホガニー

マホガニー Mahogany

ホンジュラスマホガニーと同属の材。やや強度は落ちるものの、重量は若干軽めで鳴りも良い。

マホガニー
ハードメイプル

ハードメイプル Hard Maple

強度が高く、アタック、サスティーンに優れている。

ハードメイプル
ソフトメイプル

ソフトメイプル Soft Maple

クセが少なく大人しい音質だが、独特の粘りを持つ。アルダーとメイプルの中間的木質。

ソフトメイプル
ブビンガ

ブビンガ Bubinga

硬くて重い材でその印象通りの音がする。重低音のロスがないサスティーンを持たせることが可能。

ブビンガ
ウォルナット

ウォルナット Walnut

独特の渋い色に魅力がある。中低音が太いという特性を持ち、ベースのボディ材として人気がある。

ウォルナット
コア

コア Koa

褐色の木肌は美しく、逞しい中音域と粘りを合わせ持っている。フレイム状の杢が出たものは貴重。

コア
パドゥック

パドゥック Paduak

加工直後は鮮やかな赤だが、フィニッシュ後、徐々に赤褐色の落ち着いた色になる。メリハリのある中音域が特徴。

パドゥック
ウェンジ

ウェンジ Wenge

独特のルックスを持ち、手触りも良いが、加工は難しい。硬くて重いが鳴りも良いという特殊な材。

ウェンジ
ローズウッド

ローズウッド Rosewood

硬度、手触り等、指板に求められる特性をバランスよく持っており、現在最もポピュラーな指板材。

ローズウッド
エボニー

エボニー Ebony

ローズウッドより硬度、密度が高いためサスティーンも良い。磨くと光沢が出て、滑りも良好となる。

エボニー
パーフェロー

パーフェロー Pau Ferro

エボニーの代用材として使用されるほど密度が高い。エボニーより油分を多く含んでいるので、音質的にはローズウッドに近い。

パーフェロー

サウンドの導き出しのための木材のチョイス、コンビネーションは非常に重要です。
木材の組み合わせにより音だけでなく、視覚的にも様々な特徴をつけることができます。

単 板

単 板

単一材を使用することにより、木の個性をそのまま出します。豪華でサスティーンの良い1ピース材、接ぎ合わせることで音の暴れを抑える2ピース材、ヴィンテージを模して合わせ目をオフセットすることもできます。

トップ貼り

トップ貼り

ボディトップとバックの材を変えることにより、相反する材の特徴を取り入れることができます。トップ材で視覚的な要素を、バック材で音響的な要素を導くことも可能です。薄いトップ材のエルボー部を湾曲させるドロップトップ工法も選択できます。

ウイング材貼り

ウイング材貼り

スルーネック構造の楽器でネック材の音質にプラスして、特性をつくる需要な部分です。左右の材の組み合わせを変えることで、微妙なトーンニュアンスを作ることもできます。ネック材とウイング材の上にさらにトップを貼る2Pトップ工法も対応可能です。

指板材

指板材

ネックの剛性・音響に影響を与え、音の芯を作ります。弾き心地にも強く影響するため、感触で選ぶことも重要です。厚さ、貼り方によりサウンドの違いも出すことも出来ます。

ネック材

ネック材

基本の1ピース、3ピース材の選択はもちろん、剛性を高めるために数種の材のラミネートもできます。シビアに強度を必要とする部分ですので、慎重な選択が必要です。