Aldious at 梅田 CLUB QUATTRO

2015/12/29

新体制になって初めてのアルバム「Radiant A」が12月にリリース、そのアルバム発売に伴うAldious Japan Tour 2015~2016が沖縄からスタートしました。そして、先日の24日は地元大阪公演。この公演からギターのトキがオリジナルシェイプのニューモデルを使用、そしてベースのサワも新たなベースを登場させましたので詳しくご紹介します。


この日初お披露目となったニューモデルのCHUNPA V。これまで使用していたESP-ARROWのデザインを元に、オリジナル要素を加えてリデザインされています。基本スペックやピックアップなどのハードパーツ等はESP-ARROWと同じです。


指板にはLEDが内蔵されており、ポジションマークがピンク色に発光します。


ネック裏には「ROCK ‘N’ CHUNPA!!」の文字。


ESP-ARROW PINKYU320もサブとしてスタンバイしていました。


ベースのサワが新たに選んだベースはESP STREAM-SL5。ホワイトと鮮やかなエメラルドグリーンのコントラストが美しいオリジナルカラーをまとっています。通称”ワカメちゃん”。


カラー以外はカタログスペックと同じです。


Aldious Japan Tour 2015~2016のファイナルは4月10日の渋谷TSUTAYA O-EASTです。
最強カールズバンドのAldious、チェックしておいてください。

(2015年12月24日 梅田クラブクアトロにて撮影)

■ALDIOUS Official Site
■トキ Guitar Gallery

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です