BABYMETAL at 広島グリーンアリーナ

12月2日と3日に広島で開催された、BABYMETAL「LEGEND − S − 洗礼の儀 −」はいろいろな意味で特別なライブでした。もちろん、広島出身で今年二十歳を迎えるSU-METALの凱旋公演がメインなのですが、初日の開場前にYUIMETALが体調不良による不参加が発表され、結成以来の初めてSU-METALとMOAMETALだけで行うことになるなど、後にも先にも二度と見れない、ある意味非常にプレミアムで貴重なライブになったのでした。

さて、本ライブではこれまでにない大掛かりなステージセットが組まれ、全編にわたりシアトリカルな要素が多く含まれた、大きなストーリーを感じさせるものでした。合わせて神バンドも特別な衣装での登場となりました。いつもの神器(以下ギター)はもちろん大活躍しましたが、本ライブ用に用意された特別なギターの存在に気づきましたでしょうか。

元になっているのは、2015年の横浜アリーナ公演から使用している、おなじみのE-II ARROW-7 BABYMETALのプロトタイプになります。これまでのライブで幾度となく登場してきたギターで、2016年には期間限定で発売もされたギターです。今回は「LEGEND − S − 洗礼の儀 −」特別仕様となっており、特徴的な赤く塗装されたベベルド部分がなく、前面すべてがサテンブラックに。そして、アクセントでリベット風の装飾がベベルド面のトップ面寄りに付けられています。

サイドから見るとご覧の通り、全面のみ装飾が加えられているのが分かります。バック面のベベルド部分は赤いままです。荘厳なステージセットと黒い神バンド衣装との相性は抜群でしたね。オープニングから続くインスト曲、4の歌、メギツネ、KARATE、BABYMETAL DEATHの計5曲で使用されました。

このギターはあくまでも「LEGEND − S − 洗礼の儀 −」の特別仕様。残念ながら今後のライブでの登場は予定されてません。また、元の姿に戻って活躍してくれる事でしょう…。第7章の始まりと共に…。

(2017年12月3日 広島グリーンアリーナにて撮影)

■BABYMETAL Official Site

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です