Roselia at 有明コロシアム

バンドリ! ガールズバンドパーティー!より生まれたバンドRoseliaの人気が急上昇中です。6月には初のヘッドライナーショウ「Roselia 1st Live Rosenlied」を渋谷duo music exchangeで開催、大盛況の中で追加公演が発表されました。

今回の追加公演は、渋谷duo music exchangeに比べ10倍以上のキャパを持つ有明コロシアムでのライブ。今や飛ぶ鳥を落とすが如く勢いのあるRoselia、当日は満員御礼で会場はバイオレット(パープル)のペンライトが幻想的な光景を演出していました。

さて、みなさんが気になっているであろう、実際にライブで使用しているギターとベースを紹介していきましょう。

氷川紗夜(CAST:工藤晴香)が使用しているのはESPの代表機種であるM-IIを基本としたモデルです。イメージカラーのシースルーパープルフィニッシュで、外周にはブラックのバインディングが巻かれています。ピックアップはアクティブタイプのEMGでネック側ブリッジ側ともに81を搭載しています。ブリッジはチューンマティックタイプで、弦はボディ裏からセットします。

メインのうちの一本で、こちらはドロップDチューニングで使用するM-II SAYOモデルになります。主にオリジナル楽曲をプレイするのに使用しています。

もう一本はレギュラーチューニングで使用するM-II SAYOモデルです。主にカバー楽曲をプレイするのに使用しています。

この2本は同じに見えますが、実はスケール(弦長)が異なっています。
ドロップD用が628mmで、レギュラー用が648mmなのです。
また、コントロール部はボリュームだけに改造されています。
従来のトーン位置にボリュームを移動し、ピックアップセレクターは取り外されています。
取り外した位置はカバーキャップで塞がれています。

また、途中E-II ARROWも登場しました。こちらはブリッジにフロイドローズを搭載しているので、アーミングを使用する楽曲で使用されました。

今井リサ(CAST:遠藤ゆりか)が使用しているのは、現在は製造されていない初代ボトムラインスタイルのBTL LISAです。イメージカラーのシースルーレッドでフィニッシュされています。

ピックアップにセイモアダンカンのSSBシリーズを搭載し、EQ回路にはESPシナモンを内蔵していますので、パワフルなサウンドメイクが可能です。

こちらのLTDは、ESPと同じくピックアップやアッセンブリ―が交換されています。
今回はサブとしてスタンバイされていました。

M-II SAYOとBTL LISAは、現在絶賛発売中です。
ESPブランドとBanG Dream!ブランドで展開しています。
合わせて、キャラクターピック、ストラップ、クロス、ハードケースなど小物類も充実しています。

本公演にて次回ライブが10月8日幕張メッセイベントホールで開催されることが発表されました。
こちらもいろいろと見逃せないライブになる予感ですよ!

(2017年7月29日 有明コロシアムにて撮影)

■BanG Dream! ガールズバンドパーティ! 公式サイト
■ESP×バンドリ! ガールズバンドパーティ!コラボレーション Roseliaモデル

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です