Alice Nine at 日本武道館

2011年が始まったばかりの6日、Alice Nineが遂に日本武道館を制した!

音楽をやっている人が目指す、一つの目標である日本武道館。
初めてのバンドでのコンサートは、ビートルズ来日公演だった日本武道館。
今でこそアリーナクラスの会場が多く存在していて、日本武道館はキャパ的にも決して大きくはない。
そんな日本武道館でライブを行うのは、ある種のステータスなのかも。
それだけ日本武道館と言う場所は特別な場所なのです。

親しみやすい楽曲で人気急上昇中のAlice Nineが、ツアーファイナル「Live Tour 10 “FLASH LIGHT from the past” FINAL “TOKYO GALAXY”」を、ここ日本武道館で行いました。今回のライブでベーシストの沙我が使用した楽器をご紹介します。


ベースの沙我がメインで使用するのは、自身のシグネチュアモデルである焔。
今回はチューニング違いにより、合計3本の焔が用意されました。
基本的に大きな改造などはされておらず、カタログスペックのままがデフォルトです。


ライブではEDWARDS E-AM-137 SAGAも使用されました。
見ていた人、分かりましたか?


こちらはアンプ関連が並ぶステージの様子。


2月9日には、待望のニューアルバム「GEMINI」が発売します。
4月からはAlice Nine 2011 Spring Circuit「Prelude to “GEMINI”」も始まります。
次の目指す先は?!Alice Nineからますます目が離せませんね!

(2011年1月6日 日本武道館にて撮影)

■Alice Nine Official Site
■沙我 Artist Series
■沙我 Bass Gallery

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です