M-II

ロック的であることに、何のためらいも要らない。
それが王道であり続けるということだ。