N-JG

トラディッショナルであることの誇りを忘れたりはしない。