ESP名物クラフトマン林宏樹のリペアよもやまレポート

オベーションのネックジョイント不具合

古めのオベーションが、ハイポジションの音詰まりで入院しました

弦高低めでネック起きの症状があると起こりがちなパターンですが、やや事情が違いました

古めのオベーションは(具体的でなくてスミマセン)、指板が曖昧に接着されている事が多く、どちらかと言うと、ほぼ浮いている事も珍しくありません

これはボルトオンジョイント(ボディの内側から正にボルトで止められている)ネックの特性を活かし、ネックを外す必要が出た時に外しやすい…という意図だと思いますが、時にはそれが仇となります
ボディ上の指板がフカフカしていると、状態が安定しませんし、サスティーンも落ちます

今回は、指板上を叩くととペチペチした音がしたので、完全に剥がれてるのかと思いきや、指板が接着された一部分のボディトップ板が割れて剥がれていました

サウンドホールから手を入れてボルトを触ると既に緩んでいて…ん?
ジョイントボルトが緩みガタガタしてるうちにボディトップが割れたようです
ボルトを抜くと、トップ板の一部分が指板に付いたネックが呆気なく外れました

それ位の事で割れそうには思えませんが、他にも部分的に力が加わった事があるのかも知れません

まぁアッサリ取れてしまっているので、接着すれば直るとも言えます

ネックの仕込みとブリッジ高を確認して、指板をしっかり接着してしまう事にしました

レポート

« ESP名物クラフトマン林宏樹のリペアよもやまレポート 一覧

お店案内Shop Information

御茶ノ水 ESPギターワークショップ

御茶ノ水 ESPギターワークショップ

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-2-25

■営業時間
(平日)11:00-20:00
(土日祭)10:00-19:00
TEL 03-3292-3431
FAX 03-3292-3435

■アクセス
御茶ノ水駅 徒歩2分
メトロ 千代田線 新御茶ノ水駅 徒歩4分
メトロ 丸の内線 御茶ノ水駅 徒歩4分

Map

お問い合わせフォーム