NAMM Show 2020 が始まりました

アナハイム・コンベンションセンターで開催されるNAMM Show 2020が、1月16日からスタートしました!19日まで行われます。

楽器が好きな方ならご存じかもしれませんが、NAMMは世界最大規模のトレードショーです。一般の方は入場することができす、基本的には業者がメーカーと商談する為の展示会になります。

ESPブースの様子を少しだけレポートします!
ブース入口には、大きくESP45周年の文字が。1975年に設立されたESPは2020年に45周年を迎えます。(パチパチパチ)
初日から多くの方にご来場して頂きました。

ESPブースでの展示ブランドは、ESP Custom shop(Exhibition Limited)、ESP Original、ESP USA、E-II、Ltd、に加えてESP USAがディストリビュータを務めるTakamine、ENGL、Avente、Tombstoneなど、多岐にわたっています。

ESP Originalでは、2019年末に発表したバックアイバールやポプラバールを使用したSNAPPER、メイプルバールのHORIZONやFRX、MYSTIQUE(AMOROUS)が、そしてドリフトウッドシリーズのSNAPPERなどが展示されています。どれも特徴的な杢目でインパクト十分なルックスです。

そして、ESP USA。こちらはスパークルが多いですね。

もちろんシグネチュアモデルも!

そして、ESPが誇る技術を惜しみなく投入したExhibition Limitedです。

まずはこんな感じで軽くご紹介を。また新情報入り次第お伝えします。
お楽しみに!

NAMM Official Site

■ 関連製品
バールメイプルをトップ材に使用したHORIZON-CTM Burled Maple 発売
SNAPPER-ASドリフトウッドシリーズに、BR(Back Routed)タイプが発売
AMAZEにドリフトウッドシリーズ、バールトップシリーズ 発売
Poplar Burlをトップ材に採用したSNAPPER-CTM 発売
希少なBuckeye Burlをトップ材に採用したSNAPPER-CTM 発売
SNAPPER-ASドリフトウッドシリーズ 発売

Amazon

comments

コメントは受け付けていません。