あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE -2nd Tour “Bright Star!”-

アニメやゲームから生まれたキャラクター達が現実世界でパフォーマンスを行う、その方法にはいろいろとありますが、かなり以前から重要なイベントとして行われていました。規模の大小はあるにせよ、ファンの中でも特別なイベントとして定着しているのではないでしょうか。その中でも歌モノやバンドものなどの作品は、大きな会場で本格的なライブイベントとして開催されることが多くなっているように感じます。今やドーム規模でのイベントも開催できるほどに盛り上がっているコンテンツも多くあります。

スマホ向けのアイドルプロデュースゲーム「あんさんぶるスターズ!」をご存知でしょうか。女性を中心に人気で、2017年より大規模なバーチャルライブツアーを開催しています。今回は2回目の開催で、インテックス大阪で3日間(7月4~6日)、幕張メッセで4日間(7月20~23日)の計10公演を開催しました。どの公演も多くの方が来場していました。ライブビューイングも大阪公演最終日と東京公演最終日の夜公演で行われて、日本全国各地以外に香港、台湾、韓国でも上映、また同じく大阪公演最終日の模様がWOWOWで8月31日に放送が決まっているなど、コンテンツの人気の高さが伺えます。

今回のツアーのバックバンドに、Unlucky MorpheusやUNDEAD CORPORATION、絵恋ちゃんと楽器で活動するギタリストの仁耶が参加しました。

普段、仁耶はE-II HORIZON FR-7をメインに使用していますが、本公演では様々な楽曲に対応するべくオールマイティでフレキシブルなサウンドメイキングが可能な、写真左側のESP SNAPPER-AL/HRを使用しました。SNAPPER自体のポテンシャルが高いので、基本的にはカタログスペックのままですが、ネック側のピックアップをハムバッカーに変更しており、ピックアップにはSeymour Duncan SH-1nを搭載しています。ブリッジ側は、元々搭載されているSeymour Duncan SH-16ですが、カバーを外しています。レギュラーチューニングで調整され、今回のライブではメインギターとして活躍しました。
右側のESP HORIZON-27は、日本未発売の輸出仕様のモデルになります。こちらはドロップCチューニングの曲で使用されました。

最終日には2019年春に3rdライブツアー開催の告知もありました。興味のある方は是非チェックしてみてください!

また、ギタリスト仁耶が気になった方は、彼が参加しているバンド活動の方も是非チェックしてみてください!

■あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE オフィシャルサイト

■仁耶 WEBLOG
■Unlucky Morpheus Official Site
■UNDEAD CORPORATION Official Site
■絵恋ちゃん オフィシャルサイト

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です