ビギナー向け講座

弦の交換について


弦には大まかに分けて3種類の太さがあります。
ライト・ミディアム・ヘヴィの三種類で、それぞれ細め・標準・太めの太さになっています。
細いほどテンションは弱まり、チョーキングなどしやすくなりますが、それだけハリのない迫力のない音になります。
また逆に太いほどハリのあるヌケのいい音になりますが、テンションがきつくなるとチョーキングなどはしにくくなってきます。
自分の好みに合わせて選んで下さい。


以上、エレキギターの世界で「一般的」とされている知識をご紹介させていただきました。
しかし、これらはあくまでも「常識」であり、必ずしも守らなくてはいけないものではありません。
ロックの基本は「常識をブッ壊す」ことなのですから、あくまでも自分のオリジナリティを大切にしてください。
その上でどうしても解決できないトラブル等にぶつかった場合、このコンテンツが少しでもお役に立てれば、と願っております。