BAT CAVE & EDGE OF SPIRIT at 大塚Deepa

大塚Deepaで開催された、BAT HOUSE Vol.2 ~BAT CAVE vs EDGE OF SPIRIT~に行ってきました。この日は2マンイベント(OAあり)でしたので、それぞれの演奏時間も長くかなり楽しめたのではないでしょうか。
早速EDGE OF SPIRITの使用楽器から見てみましょう。

YAMAKENが使用するのは、POTBELLYです。全体がシースルーマットブラックにリフィニッシュされています。トップ材はフィギュアドメイプルで、よ~く見ると杢目が透けて見えているんですよ。パーツもブラックに変更されていて、トラディショナルなイメージのPOTBELLYがかなり現代的でモダンなルックスに変貌しています。搭載されているピックアップはEMG85です。

HIROKIはSNAPPER-ALRを使用しています。こちらもマットブラックにリフィニッシュされています。ピックガードもマットブラックの1プライになっており、本来ピックアップがSSH配列なのですが、このギターはブリッジピックアップのみに改造されています。こちらも全てブラックパーツに変更されていて、ピックアップにはEMG85を搭載しています。

そしてこちら。BAT CAVEのWU-CHYが使用しているのは、VP-Bのカスタムモデル。写真だと分かり辛いですが、きれいなブルーラメで塗装されています。指板のインレイにもバンド名にちなんでコウモリが入れられています。ピックアップにはセイモアダンカンのSMB-4Dが2発マウントされています。かなりの重量があるベースで、そのサウンドも負けず劣らずの重低音です。

当日の様子がYouTubeにアップされています。



(2012年1月21日 大塚Deepaにて撮影)

■BAT CAVE Official Site
■WU-CHY Bass Gallery

■EDGE OF SPIRIT Official Site (Facebook)
■YAMAKEN Guitar Gallery
■HIROKI Guitar Gallery

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ESP×すーぱーそに子!

ここ最近は、他業種とのコラボレーションを多く手掛けているESPですが、今回製作に携わらせて頂いたのは、ゲームメーカー、ニトロプラスのライブマスコットガール、すーぱーそに子のオリジナルモデルです。先日(12日)に幕張メッセで開催れた、ワンダーフェスティバル(通称ワンフェス)で、そのプロトタイプが展示されていました。このギターは、VPを基本として、オリジナルヘッドの採用や、キュートなハート型のインレイ、モデル名が入れられたピックガードなど、随所にそに子のこだわりが満載のギターに仕上がっています。

画像の下の方、何やらパネルが写っていますが、よく見ると値段や日付が書かれています。…と言う事は?!
詳しくはオフィシャルサイトで確認してみくださいね!

(2012年2月12日 幕張メッセにて撮影)

■すーぱーそに子 Official Website

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。