IN FOR THE KILL at SHIBUYA CYCLONE

2017年も残りわずかとなった29日、渋谷ではSHIBUYA METAL KAI FEST 1718と題された熱いイベントが行われました。同イベントに出演していたIN FOR THE KILLは、2013年に結成された今最も注目すべきエクスリーム・メタルバンドで、ギターのRYO-SUKEは、ESPファミリーであり、またBAT CAVEのメンバーでもあります。

今回はギターの紹介ではなく…
最近使い始めたピックアップメーカーのセイモアダンカンがリリースしているエフェクトべダル、805 -Overdrive-を紹介したいと思います。製品ページはこちら

RYO-SUKEの場合は、アンプヘッドはPEAVEY 5150を使用し、ブースターとして805 -Overdrive- を接続してます。程よくブレンドされることで、攻撃的なメタルでありながら、耳障りの良いサウンドになります。
RYO-SUKE曰く、「音の飛びがいわゆる今までのTS系とは全然違って低域から高域までストレートに出る所、張り出し方がフラットでアンプのトーンを良い意味で変えずに更にプッシュ出来ますね。Bass・Mid・TrebleのEQの効きもかなり広いので幅広い音作りが出来るのも他と違う所で良いと思います。特に踏んだ時に低音が弱くなる所をEQのBassを少し上げて補正出来るのも良いですね!」との事。興味のある方は是非試してみてください。

(2017年12月29日 渋谷CYCLONEにて撮影)

■IN FOR THE KILL Official Site

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

MEJIBRAY at 新木場studio coast

2017年内で活動休止となったMEJIBRAYのワンマンツアー「そして誰もいなくなった」ファイナル公演が2017年12月16日に新木場studio coastで開催されました。

結成からここまで一度も止まることなく快進撃を続けてきたMEJIBRAYですが、2017年をもって活動休止となってしまいました。

ギタリストのMiAは、ESPアーティストとなってから約4年、我々と共に理想のギターを探求してきました。正式にESPエンドーサーになって最初に使用していたのは、当時発売されて間もないブラックのFRX FRでした。それまで使用していたギターとは違うタイプのギターを選んだことに驚かされました。

【過去記事】ESPブログにMiA初登場

その後、リキッドメタルシルバーのFRX FRを使い始めると瞬く間にメインギターへと昇格し、MEJIBRAYは快進撃を続けていました。

そして、プロトタイプとして製作された、レインディアブルーのFRX-CTMも忘れてはいけません。美しいキルテッドメイプルがトップに使用されているこのギターは、主にレコーディングで使用されています。

【過去記事】ESPブログにrapier初登場

それまで使用してきたFRXを基に製作された、オリジナルモデルが今回のライブでもメインギターで使用されたESP rapierです。
このrapierは、MiA本人が思うギターの理想像を具現化したボディデザインを採用しています。カラーには当時エキシビジョンリミテッドに採用されていたキャストメタルシルバーをベースに、アクセントで金箔(24金)が散りばめられています。指板のポジションマークにはLEDが内蔵されており、視認性が向上しています。

プロトタイプのVシェイプギターもスタンバイされていました。
今後どのように進化していくのか、我々ESPとMiAのギター探求は続きます…。

(2017年12月16日 新木場studio coastにて撮影)

■MEJIBRAY Official Site
■MiA Artist Series
■MiA Guitar Gallery

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です