ESP Custom Lab Ultimate Series

ESP BB20-4 Brass -KUSABI- Chrome

JAN:4515303038590

149,600 yen (in tax)

弦数 4弦用
弦ピッチ 19mm
素材 ブラス (ベースプレート&サドルベース), チタン (サドル), アルミ A5052 (クサビ), ステンレス (オクターブ調整ビス&弦高調整ビス)
付属品 取付ビス 4本, 六角レンチ (2mm, 2.5mm)
平均重量 約333g (取付ビスを除く)

※受注生産品のためご注文頂いてから納期3~4ヶ月かかります

ESP Exhibition Limitedのために開発された究極のパーツ、ESP カスタムラボ・アルティメイトシリーズ。

-KUSABI-は独自の弦高調整機能を備えたベースブリッジです。サドルを三分割し、サドルベースとサドルの間に配置した"クサビ"を移動させる弦高調整方式を用いることで、イモネジの緩みによるビビリや弦高の変化といったネガティブな部分を排除しました。弦高調整ビスを回すとクサビが前後に移動し、その上に乗るサドルが上下に移動します。弦の張力によりサドルはクサビとサドルベースへと、サドルベースはベースプレートへと押し付けられます。それぞれのパーツは互いに面で接触し、傾く事が無くビビリが発生しません。また、従来のブリッジサドルよりも多くの面積で弦の振動を受け止めることにより、ダイレクトなサウンドとロングサスティンが得られます。

オクターブ調整に関しては、オクターブビスをブリッジ前面まで貫通させナットで固定する方法を採用。サドルの横ブレを防ぐと共に、ビスの回転に対してサドルがリニアに可動ことでスプリングが必要なくなり、オクターブ可変幅に余裕を持たせる事が可能になりました。

各パーツはCNCマシニングによる高精度な切削加工で製作されており、土台となるベースプレートとサドルベースには強度があり質量の高いブラス、弦が直接触れるサドルには腐食や磨耗に強いチタンを採用。クサビにはアルミ合金を用い、表面処理に高い潤滑性と表面強度を誇るカシマコートという特殊なアルマイトを施しています。ビス、ナットと他のパーツ間には摩擦係数の低いワッシャーを挟み、弦を張った状態でも滑らかな弦高やオクターブ調整が可能です。

このブリッジのもう一つの特徴としてブリッジの落とし込みに対応しています。従来のブリッジでは弦の表通しやオクターブ調整に支障が出るため不可能でしたが、最大3.5mmまでの落とし込みが可能です。落とし込み無しでは一般的なベースブリッジと同等のセッティングに対応し、落とし込みをする場合には弦をボディに近づけたローセッティングを可能にします。弦は表通し、裏通しどちらにも対応しています。