製品情報

ESPより、ベーシスト日向秀和のニューモデル発売

UPDATE:2020.10.23

ESP “RED 極” Hinatch Custom

日向秀和 Signature Model

#gallery-2 { margin: auto; } #gallery-2 .gallery-item { float: left; margin-top: 10px; text-align: center; width: 100%; } #gallery-2 img { border: 2px solid #cfcfcf; } #gallery-2 .gallery-caption { margin-left: 0; } /* see gallery_shortcode() in wp-includes/media.php */

ESPより、日向秀和シグネチュアモデル “RED 極” Hinatch Customをリミテッド・エディション(以下、LE)とノーマル・エディション(以下、NE)の2バリエーションで発売します。

スマートでモダンなダブルカッタウェイスタイルのオリジナルシェイプのボディは、LEではホワイトアッシュ、NEがアルダーを使用しています。ネックはハードメイプル3ピース、指板はローズウッドでトップ面には通常より大きい白蝶貝のドットが入ります。サイド面はルミンレイでステージでの視認性を高めています。ボディへは6本のビスで強固にジョイントしています。

ピックアップはSeymour Duncanで、ハムバッカースタイルのSMB-4Dを2基搭載。コントロールにはEQ回路の同STC-3M4を内蔵していますので、幅広いサウンドメイクが可能です。

ブリッジはGOTOH 404BOで、弦はブリッジ後方からとボディ裏の2パターンで張ることができますので、テンションやサウンドに合わせて選択することができます。

ヘッド裏にサインと「極」の文字(LEは赤、NEは黒)が入れられます。また、専用ハードケースと認定証(LEは直筆サイン、NEはプリント)が付属します。


グルーヴを極められる音の粒たちの良さ!

手元のボリューム、EQなどで、タイトなサウンドからファットなサウンドまで、かなり幅広いサウンドメイクができます。心地よい歪み感でミドルからローまでの音像を、プレイのニュアンスで自由自在に操れるので、まさに「極」グルーヴになること間違い無し!

セッション、ライブ、レコーディング、様々なシーンで使用できるこの、RED「極」。
JAZZからROCKまで、オールジャンルをアプローチ!自分だけのオリジナルサウンドを、極めよう!!!

━━ 日向”ひなっち”秀和