製品情報

大村孝佳プロデュースのエレアコ、GrassRoots G-SN-55TO/AC 発売

UPDATE:2021.04.09

GrassRoots G-SN-55TO/AC

Produced by Takayoshi Ohmura

#gallery-2 { margin: auto; } #gallery-2 .gallery-item { float: left; margin-top: 10px; text-align: center; width: 100%; } #gallery-2 img { border: 2px solid #cfcfcf; } #gallery-2 .gallery-caption { margin-left: 0; } /* see gallery_shortcode() in wp-includes/media.php */

GrassRootsからSNAPPERシェイプのエレアコモデルG-SN-55TO/ACを発売します。

G-ACシリーズで培った技術を導入した本モデルはSNAPPERシェイプを採用し、軽量で音響特性のよいバスウッドを使用しています。ボディ内部は大きく刳り貫かれており、スプルース合板を蓋をするように接着したホロウ構造になっています。ネックは通常のエレキギターと同じ仕様のものですので、ネック部分でのプレイヤビリティはまさにエレキギターそのものです。ブリッジはG-ACと同様に木製のものが使われ、サドル下にはピエゾピックアップが内蔵されており、内蔵プリアンプによってアンプから出力が可能となっています。総重量が2キロ強と非常に軽く、また生音の大きさも控えめ、プレイヤビリティはエレキギターみたいと、お家時間を十分に楽しめる仕上がりとなっています。

アコースティックギターが欲しいけど音量やサイズ感が大き過ぎる。エレキギターから持ち替えた際に違和感がある。エレキギターのように手軽に扱いたい!そんなあなたのために作ったエレアコです。ネックだけでなくボディーの形状もエレキギターそのもので、「エレキギターのように弾ける」のさらに上をいく弾きやすさ、そしてレギュラーサイズより少し小さい94%サイズで手軽さを実現しています。「アコースティックギターは難しい」そんな言葉はもう必要ありません。

━━ 大村孝佳