モデルヒストリー~Joy Stick / HORIZON BASS~

小振りなボディを持つベースが流行の兆しを見せていた1980年代半ば頃、ESPでも新しいオリジナルベースを開発すべく動き出していました。どのようなベースが人気なのか、市場の徹底的なリーサーチを行い、一つの結論に辿り着きました。それは従来のベースに比べて驚くほど細身で小振りのオフセットボディを持っていました。また初めてアクティブ回路を内蔵したものでもありました。
それがESP初のオリジナルベースであるJoy Stick~HORIZON BASSなのです。


1986年発売時の広告から。
一番左のモデルは、ボディに当時良く使われていたフレイムジャスバーを使用しています。ピックアップはESPのオリジナルタイプのJJ配列です。中央の5弦モデルは、ボディにハードメイプルを使用しています。当時は決まったスペック以外にも多くのバリエーションが存在し、ウォルナットなどもボディに使用されていました。4弦と同じくESPのオリジナルタイプピックアップのPJ配列です。この5弦に使われているブリッジはESPのオリジナルで、弦ピッチが通常よりかなり狭く、その為ネック幅も4弦モデルと大差ない太さになっています。そして一番右のモデルは4弦のPJ配列仕様です。EQ回路にはオリジナルの物が内蔵されていました。
ネックはどれもハードメイプルで、指板はエボニー、フレット数は24となってます。デタッチャブルジョイントながら指板以上にネック材を長く残し、ボディに深く入り込むディープジョイントを取り入れたのはこのモデルが最初になります。また、ネックセットプレートを使わず、ブッシュを使った固定方法を採用したのもこのモデルが最初です。


ボディバックには大きくコンターが入っています。
このコンターの影響で身体への密着度は格段にアップしています。
また、ボディの軽量化にも貢献しています。


ヘッドにはコンパクトなデザインのオリジナルスタイルを新たに採用しました。
このヘッドストックは現在でもHORIZONに受け継がれて使用されています。
コンパクトなヘッドに効率良くペグを配置するために、なんと互い違いに取り付けられていて、その為1、2弦以外は通常とは逆に弦を巻きとることになっています。


HORIZON BASSは1984年にUSAで発売を開始しました。
後のモデルとはまったく違うルックスで、TBタイプを基本としていました。


1987年、HORIZON BASSがモデルチェンジを行いJoy Stickと同じルックスと仕様になりました。
同時にJoy Stickの名前は消滅し、HORIZON BASSはニューヨークシリーズとして日本での発売を開始します。
ピックアップはESPオリジナルのアクティブタイプで、EQ回路には新開発のJETTサーキットを内蔵していました。


1989年には、スルーネック構造でアーチドトップボディを持つHORIZON BASS IIがラインアップに加わります。指板からヘッドにはバインディングが巻かれています。


1991年のUSAカタログから。
4弦はHORIZON-FOUR、5弦はHORIZON-FIVEと言う名前で販売されていました。
このモデルは指板エンドの形状が当時ヨーロッパで発売されていた901シリーズと同じ形状をしています。
同時期に国内はHORIZON BASSはIIの仕様に統一されます。


1995年のカタログに掲載された最終バージョン。
ピックアップはEMGで、EQ回路には当時開発されたESP CI-R-01が内蔵されています。

その後しばらくして生産終了となってしまいましたが、特徴的だったオフセットのボディシェイプはHORIZON-IIIに受け継がれました。また、その後誕生するベースたちにも大きな影響を与えたモデルがこのHORIZON BASSだったのです。

■HORIZON BASS

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Alice Nine 初の日本武道館公演決定!!

人気、実力共に急上昇中のAlice Nineが、全国27ヶ所30公演にも及ぶツアー「Alice Nine Live Tour 10 “FLASH LIGHT from the past”」を7月5日からスタートさせます。そして、このツアーの最終公演は2011年1月6日、場所はなんと日本武道館!!2004年の結成以来初の武道館公演です。今から楽しみですね!

ベースの沙我が使用するシグネチュアモデル”焔”も大好評発売中です!
現在、御茶ノ水ESPテクニカルハウスと渋谷クラフトハウスでは沙我フェアも開催中です。
今月30日までとなっていますので、お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。

■Alice Nine Official Site
■沙我 Artist Series
■沙我 Bass Gallery

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

モデルヒストリー ~Maverick~

1987年に日本で発売が開始されたニューヨークシリーズは、そのスタイリッシュなデザインが多くのユーザーに受け入れられ大きな反響を呼びました。しかし、ユーザーの中には既製品のギターには満足しない人もいたのではないでしょうか。そんなユーザーからは使用するにつれて色々な要望が出てくるようになります。「ボディがちょっと大きい」「スケールがちょっと長い」などのような「あとちょっとこうなってれば…」と言う意見です。この貴重な意見を踏まえ、全体を「あとちょっと」ダウンサイジングした、体格の小柄な日本人にもバランスの良いギターを開発することになったのです。そして試行錯誤の末に誕生したのがMAVERICK(MV)です。

ギターのサイズを小さくするにはどうしたら良いか。単純にボディを小さくすればいいのですが、それでは全体のバランスが悪くなります。そこでバランスよく全体のサイズを小さくする為に、まずはスケール(弦長)を短くする事から始めました。MIRAGE(M-II)のようなスタイルのギターは、大手F社の仕様を踏まえて設計されていて、一般的に648mm(25.5inch)スケールが採用されています。このスケールより短いスケールにはG社で採用されている628mm(24.75inch)、またはショートの610mm(24inch)などがありますが、この新しいギターには628mmスケールを採用することになりました。たかが20mm差ですが、プレイヤーが手に感じる感覚は驚くほど違うものです。そのスケールに合わせてボディサイズもコンパクトに再設計されました。また、指板は24フレット仕様となり、更にプレイヤビリティを考慮し1弦側のカッタウェイをギリギリまで深くした結果、フロントにはフルサイズハムバッカーが取り付けるスペースがなくなり、シングルコイルを搭載することになりました。そして、今までありそうでなかったギター、MAVERICK(一匹狼)が誕生したのです。


1989年のカタログに初めて登場したMAVERICK。現在とはボディシェイプが異なります。
フロントにシングルコイル、リアにハムバッカーのSH配列。ブリッジはESPオリジナルのシンクレアトレモロが搭載されています。
コントロールは、マスターヴォリュームとピックアップセレクターのみのシンプルな構成です。


翌年の1990年には早くもボディが現在と同じシェイプにモデルチェンジします。
フロントピックアップがシングルサイズハムバッカーに変更されたことで、全体的にパワフルなサウンドになりました。


2002年頃、ボディ材にマホガニーが採用されます。これには中音域を強調する目的がありましたが、市場にはあまり受け入れられず2004年には再びアルダーに戻ります。アッセンブリーにはマスタートーンが増設されます。トーンポットにはスイッチポットを使用し、プル時には両ピックアップをコイルスプリットする事が可能になったことでサウンドバリエーションが広がりました。ピックアップセレクターはトグルタイプからレバータイプに変更されました。


2006年にトップ材にキルテッドメイプルをラミネートしたMV-QM(後にフレイムメイプルに変更されMV-CTMとなる)がラインアップに加わります。また、マスタートーンが廃止されると同時に、好評だったコイルスプリット機能は、レバースイッチのセンターでオートコイルスプリットとして働く様にアッセンブリーを変更しています。トラスロッド調整部は2004年からネックエンド側に移動しています。


2008年からは、指板がフロントピックアップギリギリまで延長されて27フレット仕様に変更されました。
それに伴い、トラスロッド調整口が再びヘッド側に戻ります。
ボディのネックジョイント部の形状がこれまでのスターカットからERGOに変更されました。


MVの特長の一つと言えるのがこのバックカット。
通常は平面で加工されますが、MVでは大きなR状に加工されています。

この他にもMVにはいくつかのバリエーションモデルが存在します。そのひとつとして誕生した「901」。1990年にヨーロッパ向けのモデルとして登場しました(日本未発売)。ボディ形状はMVですが、角度付のNYヘッド、指板からヘッドに至るまで施されたバインディング、特長的な指板エンド処理と901のネームプレート、そしてピックガードなど、MVを基本としながらもオリジナリティ溢れるモデルに仕上がっています。この他にも、3シングルで角度無しNYヘッド、ラージピックガードの「901ST」も存在しました。(画像は現在捜索中です!)


「901」が発展して誕生したもう一つのバリエーションモデルであるMAVERICK DELUXE。スラントしているフロントとセンターにはシングルコイルサイズハムバッカーであるESP POWERRAIL、リアピックアップはフルサイズハムバッカーのESP LH-200と言うSSH配列。ブリッジにはフロイドローズオリジナルを搭載しています。

■MV Series

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2010 musikmesse

ヨーロッパ最大の楽器ショーmusikmesseが終わりました。もちろんESPも参加してきました!
メッセでは新製品がちらほら。残念ながら日本での発売は未定です。


左からAlexi Laiho(Children of Bodom), Michael Paget(Bullet For My Valentine), Gus G.(Firewind)。

更に詳しくはブースリポートをご覧ください。

■2010 musikmesse ESP Booth Report

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です