モデルヒストリー~Joy Stick / HORIZON BASS~

2010/04/26

小振りなボディを持つベースが流行の兆しを見せていた1980年代半ば頃、ESPでも新しいオリジナルベースを開発すべく動き出していました。どのようなベースが人気なのか、市場の徹底的なリーサーチを行い、一つの結論に辿り着きました。それは従来のベースに比べて驚くほど細身で小振りのオフセットボディを持っていました。また初めてアクティブ回路を内蔵したものでもありました。
それがESP初のオリジナルベースであるJoy Stick~HORIZON BASSなのです。


1986年発売時の広告から。
一番左のモデルは、ボディに当時良く使われていたフレイムジャスバーを使用しています。ピックアップはESPのオリジナルタイプのJJ配列です。中央の5弦モデルは、ボディにハードメイプルを使用しています。当時は決まったスペック以外にも多くのバリエーションが存在し、ウォルナットなどもボディに使用されていました。4弦と同じくESPのオリジナルタイプピックアップのPJ配列です。この5弦に使われているブリッジはESPのオリジナルで、弦ピッチが通常よりかなり狭く、その為ネック幅も4弦モデルと大差ない太さになっています。そして一番右のモデルは4弦のPJ配列仕様です。EQ回路にはオリジナルの物が内蔵されていました。
ネックはどれもハードメイプルで、指板はエボニー、フレット数は24となってます。デタッチャブルジョイントながら指板以上にネック材を長く残し、ボディに深く入り込むディープジョイントを取り入れたのはこのモデルが最初になります。また、ネックセットプレートを使わず、ブッシュを使った固定方法を採用したのもこのモデルが最初です。


ボディバックには大きくコンターが入っています。
このコンターの影響で身体への密着度は格段にアップしています。
また、ボディの軽量化にも貢献しています。


ヘッドにはコンパクトなデザインのオリジナルスタイルを新たに採用しました。
このヘッドストックは現在でもHORIZONに受け継がれて使用されています。
コンパクトなヘッドに効率良くペグを配置するために、なんと互い違いに取り付けられていて、その為1、2弦以外は通常とは逆に弦を巻きとることになっています。


HORIZON BASSは1984年にUSAで発売を開始しました。
後のモデルとはまったく違うルックスで、TBタイプを基本としていました。


1987年、HORIZON BASSがモデルチェンジを行いJoy Stickと同じルックスと仕様になりました。
同時にJoy Stickの名前は消滅し、HORIZON BASSはニューヨークシリーズとして日本での発売を開始します。
ピックアップはESPオリジナルのアクティブタイプで、EQ回路には新開発のJETTサーキットを内蔵していました。


1989年には、スルーネック構造でアーチドトップボディを持つHORIZON BASS IIがラインアップに加わります。指板からヘッドにはバインディングが巻かれています。


1991年のUSAカタログから。
4弦はHORIZON-FOUR、5弦はHORIZON-FIVEと言う名前で販売されていました。
このモデルは指板エンドの形状が当時ヨーロッパで発売されていた901シリーズと同じ形状をしています。
同時期に国内はHORIZON BASSはIIの仕様に統一されます。


1995年のカタログに掲載された最終バージョン。
ピックアップはEMGで、EQ回路には当時開発されたESP CI-R-01が内蔵されています。

その後しばらくして生産終了となってしまいましたが、特徴的だったオフセットのボディシェイプはHORIZON-IIIに受け継がれました。また、その後誕生するベースたちにも大きな影響を与えたモデルがこのHORIZON BASSだったのです。

■HORIZON BASS

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です