モデルヒストリー ~HORIZON~

2010/03/04

1980年代中頃はアメリカやヨーロッパ、そして日本でもハードロックが人気の時代でした。音楽がハードになれば衣装やギターにもハードなものが求められます。しかし、それまでのギターと言えばいわゆるトラディショナルなギターばかりでカラーも地味。ギタリスト達が求めるギターとは若干違うものでした。そこで当時新進気鋭の各社(K社、C社、J社など)は、よりスタイリッシュで音楽性に合ったルックスのギターを次々と発売します。時代に呼応するように誕生した様々なギターは瞬く間に人気となり、多くのギタリストに愛用されるようになりました。
もちろん我々ESPも敏感に反応し、ギタリストの要求に応えられるギターを開発、販売を開始します。当時ニューヨークにオフィスがあったESP USA企画のギターの数々は日本国内ではニューヨークシリーズとして発売されました。その中の1機種が今でもフラッグシップとしてラインアップされているHORIZONです。当時としては珍しいSTシェイプにアーチドトップ、そしてスルーネック構造のギターは様々なジャンルのギタリストに人気を得ました。

始めて登場したのが1984年の海外向けカタログ。

現在のスタイルとは全然違いますね。
3シングルピックアップにFLICKER-IIトレモロ搭載と、STスタイル基本のカスタムモデルでした。

国内向けのカタログに初めて登場したのは1987年。

この時点で現在と同じアーチドトップ、スルーネック構造に変更。現在までに受け継がれている基本コンセプトは完成されています。ブリッジには当時発売されていたロック式のESPシンクレアトレモロを搭載しています。当時KISSのブルースキューリックなど多くのギタリストが愛用した事でHORIZONの知名度は一気に高まりました。

こちらは1989年のカタログから。

指板インレイに注目!これは希少です。

1998年に登場したHORIZON CLASSICシリーズ。CTMとIIの2機種がありました。

メイプルトップ(IIはアッシュ)、マホガニーバックのボディは5ミリ厚くなっています。ネックはマホガニー、指板はローズウッドでスケールは628ミリ。ジョイント方式はセットネックを採用しています。ブリッジはチューンマティックタイプとストップテイルピースのコンビネーション。
・・・そう、このCLASSICシリーズはLPタイプのサウンドを狙って開発されたモデルなのです。
2000年頃にマイナーチェンジを行い、24フレット仕様となりましたが、その後残念ながら生産を終了してしまいました。
しかし、ここで生まれた基本コンセプトはその後に登場するPOTBELLYに受け継がれているのです。


現在のラインアップは画像上からCTM、I、II-NT、IIIです。
CTMは、トップ材に5Aクラスのキルテッドメイプルが使われているシリーズの最高峰モデル。
Iは、アルダーボディ、フロントにシングルコイルサイズハムバッカーを搭載しているスタンダードタイプ。
II-NTは、マホガニーボディ、ブリッジにティーンマティックタイプを採用したモデル。
IIIは、アルダーボディにオフセットボディを持つモデル。
自分のスタイルに合わせて選択できるように仕様違いで4機種がラインアップされています。
他、詳しいスペックなどは各モデルのページをご覧下さい。

最後にヘッドストックのお話。
現在のHORIZONシリーズには2種類のヘッドストックが使用されています。
IやII-NTに使用されているものは通称ナイフヘッドと呼ばれているペグが片側に配列されているもので、今やESPを代表するヘッドストックになっています。そしてCTMやIIIに使われているペグが3:3のヘッドストックは、今でこそHORIZONヘッドと呼ばれていますが、元々は同時期に発売されていたJoy Stickベースに採用されていたヘッドストックなのです。となるとJSヘッドが正式名称なのかな?・・・その後、Joy Stickベースがマイナーチェンジを行いHORIZONベースが誕生、そしてHORIZON-CTMが発表されるとこのヘッドストックが使用されるようになりました。これが1992年頃です。Joy StickベースやHORIZONベースについてはまた今度・・・

ゆるぎない自信と確かな技術の結晶・・・そんなギターがHORIZONシリーズなのです。

■HORIZON Series

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です